Stories of countless success are also stories of countless failures. No matter how hard it is to achieve success, we still keep enthusiasm and endeavor to reach our goals. As long as we never stop progressing and never stop optimizing our products, we will achieve success. There is no doubt that your support is our great impetus to step forward further, which is much appreciated. We believe we will go ahead together for our ambitions.

Good stories comes each week. Here is a review from a Japanese user-ぴけぴけ様:

‘’Jayfi JA40はマイク及びコントローラー搭載のカナル型イヤホン。アルミ素材のハウジングや独自チューニングにより強化された9mmのドライバーユニットなどが特徴で、ひとつひとつが手作りとなっています。価格はAmazonにて2,890円。参考価格は5,500円です。

本製品のレビューは非常に沢山あるため、購入を検討するときの判断材料のひとつとして見ていただければと思います。

※Jayfi様より製品提供を頂きレビューを行っております。

 

ファーストインプレッション

 

パッケージ、内容物

パッケージは白が主体のスッキリとしたデザイン。中身を横から引き出すタイプの設計となっています。

内容物はイヤホン本体の他に、収納用の袋や大小2つのイヤーピース、ケーブルを留めるクリップ、取扱説明書です。過不足なく、一般的な内容となっています。それぞれ綺麗に収納されています。

 

本体の特徴

アルミ素材のハウジングや、細いケーブル、マイク付きのコントローラーが特徴的です。イヤホンジャックはL字型ではなくストレート型となっています。今回レビュー用に頂いたものはカラーリングが黒でしたが、赤色も販売されています。ケーブルの色が違うようです。

ケーブルは細く、コントローラーの付いている方が右耳です。

コントローラーのボタンは1つのみで、割り当ては以下の通り。

1回押し:再生/一時停止 ・ 電話に出る/電話を切る

2回押し:次の曲へ

3回押し:前の曲へ

Amazonの商品説明では「Android Windows Phone iOSの携帯電話に対応」とあるため、iPhone 5sやWindows 10 Mobile搭載のMADOSMAで用いてみました。もちろんコントローラーは問題なく動作。クリック感もあり、押しやすいボタンです。

付属の取扱説明書にはイヤホンのエージングについて書かれています。50時間ほど行うのがおすすめとのこと。他には音域図などもありました。説明書きは短くシンプルで、比較的読みやすい内容となっていました。

 

低音重視のイヤホン

 

音質のレビューにはHTC 10 HTV32を用いました。Dolby Audioを含む各種オーディオエンハンサーはオフにしてレビューをしています。また、この価格帯のイヤホンを購入する層がハイレゾ音源を楽しむとはあまり考えられないため、Google Play ミュージックの圧縮音源を利用しています。

最初は少しこもったような感覚がありましたが、ほんの少しだけエージングしてから聴いてみるとバランス良く音を出してくれるように感じました。特に低音がしっかり鳴ってくれているように思います。低音寄りと言ってもドンドンと強く響かせてくるような感じではなく、程よく低音が鳴るといった具合でしょうか。ボーカルもしっかり聴こえますし、高音も耳に刺さるような事はないです。聴きやすい音のイヤホンであると感じました。

かれこれ3日ほどじっくりと利用してみましたが、妙な偏りもなく素直に鳴ってくれるイヤホンだと思います。

 

少し気になった点

 

イヤホン本体は特に不満なく利用していますが、パッケージや付属品が少し気になりました。あえて記載しましたが、イヤホンそのもの出来は問題ないと感じています。

箱からイヤホンを取り出すときの煩わしさ

仕切り板となっている紙の穴にイヤホンが通してありました。そのため、この細長い穴からイヤホンを取り出す必要があります。箱のデザインがよく、中身も綺麗に敷き詰めてあっただけに、ここでスムーズに取り出せないのが少しだけ気になりました。穴をもう少しだけ大きめに開けるか、いっその事切り落としてしまった方が良いかもしれません。

説明書の校正不足、使用フォント

この手の製品ではよくあることなのですが、日本語訳された説明書に幾つか不備がありました。具体的には文章の重複や脱字などです。また、案の定日本語のフォントが用いられていません。近頃、説明書を読まない人間が増えてきていますが、なんとなく手にしてパラパラとめくってみたとき、所謂中華フォントと呼ばれる字体で説明書きがされていると安物感や偽物らしさを感じてしまうことでしょう。日本語フォントの使用可否については一部の人しか気にしないような部分でしょうが、ここで安っぽさを醸し出してしまっている為、少し惜しいなと感じます。ただ、説明書の中身はとてもわかり易いので、一度目を通してみることをおすすめします。

 

聴きやすく、気楽に購入できる価格や保証。

 

この価格帯のイヤホンとしては安定感があり、満足し易いことかと思います。また、Jayfi JA40は1年保証となっており、万が一故障してしまったときも説明書記載のメールアドレスへ連絡すると無料で交換してくれます。もちろん故意に壊してしまった場合は保証対象外ですよ?”

 

If there is any question, welcome your consultation.

Link to the original passage: https://pikegadge.com/jayfi-ja40-review/